美味しく健康を目指す!糖尿病食の通販・宅配サービス » 糖尿病との向き合い方【知っておきたい基礎知識】 » 糖尿病食の献立・レシピ

糖尿病食の献立・レシピ

糖尿病の食事療法、うまくいっていますか?「食事療法の必要性は理解しているけど、料理が苦手」「野菜を食べろって言われるけど、あんまり好きじゃないんだよね」など、何かしらの壁にぶつかってしまう人も少なくありません。このページでは、意外と簡単にできる糖尿病の食事療法に対応したレシピを紹介します。

意外と簡単!おすすめレシピ3選

食べごたえあり!ルウ不使用でカロリー控えめ
大豆入りドライカレー

大豆入りドライカレー

子どもから大人までカレーは人気のあるメニューですが、意外とカロリーが高いメニューであるということはご存じの方も多いでしょう。今回は、ひき肉と大豆を使ったカレールウ不使用のドライカレーを紹介します。

材料(2人分)

(1人分あたり)エネルギー:517kcal 食塩相当量:1.8g

作り方

  1. ご飯を炊いておく
  2. 玉ねぎ・にんじん・ピーマンは粗いみじん切りにしておく
  3. フライパンに油を入れ、おろしにんにく・おろし生姜を入れひき肉を炒める
  4. みじん切りにした玉ねぎ・にんじん・ピーマンも投入しさらに炒める
  5. 大豆を加える
  6. ★を加え、かき混ぜながらなじませる
  7. 器にご飯を盛り、カレーをかける

大豆を使いひき肉の使用量をセーブする、市販のカレールウは脂質が多いためカレー粉とその他調味料を使用するという2つのポイントでカロリーダウンしました。また、今回は赤身メインのひき肉を使用しましたが、通常のひき肉は脂が多いため、可能な範囲で赤身の多いものを選ぶとよいでしょう。

※ドライパック大豆について
缶に食材(ここでは大豆)を詰めて、缶の中で発生する蒸気によって加熱調理する製法をドライパックといいます。水を使用しないため、「ドライ」という言葉を使用しており、うま味や風味が水に溶け出してしまうことを防げるため、素材本来の味が活き、栄養も逃さないメリットがあります。

食物繊維たっぷりで腸内環境改善にも
めかぶとまいたけの味噌汁

めかぶとまいたけの味噌汁

ご飯には汁物が欲しいですよね。塩分の制限がある方は、味噌汁を控えるように言われることが多いかもしれませんが、まいたけの旨みや生姜の風味で味噌を控えても美味しい味噌汁を紹介します。

材料(1人分)

(1人分あたり)エネルギー:28kcal 食塩相当量:1.1g

作り方

  1. お好みのだし汁を用意する(顆粒だしでもOK)
  2. お椀にめかぶを入れておく
  3. 沸騰したらまいたけを入れ、火が通ったら味噌を入れる
  4. めかぶの入ったお椀に味噌汁を入れる
  5. お好みで生姜・七味唐辛子を

わかめのお味噌汁は定番ですが、わかめに飽きたら同じ海藻類のめかぶも試してみてください。ちなみにもずくのお味噌汁も美味しいですよ。顆粒だしやパックだしを使用する場合、塩分が含まれているものも多いので味噌の量を調整しましょう。

血糖値を上げにくくしてくれる働きを持つ食物繊維。野菜・海藻類・きのこ類などに豊富に含まれています。糖尿病の治療の際には、野菜をしっかり摂るように指導を受けることも多いと思いますが、手間もかかりなかなか難しい方も多いのではないでしょうか。簡単に野菜を摂る方法として汁物・スープがおすすめです。野菜たっぷり具沢山の汁ものは、野菜から旨味が出るので調味料が少なくて済み、野菜も摂れて一石二鳥です。

歯ごたえ抜群!やみつきになる
切り干し大根とツナのマヨぽん和え

切り干し大根とツナのマヨぽん和え

煮物にすることが多い切り干し大根ですが、水で戻してそのままサラダや和え物などにすると、シャキシャキとした歯ごたえがクセになる一品が!とっても簡単で、小鉢の量でも食べごたえがあります。

材料(2人分)

(1人分あたり)エネルギー:83kcal 食塩相当量:0.6g

作り方

  1. 切り干し大根を水でもみ洗いし、そのまま20分ほどおいて戻す
  2. 水切りした切り干し大根を食べやすい大きさに切る
  3. カットした切り干し大根に★を混ぜる
  4. 器に盛りつけて、☆をお好みによりかける

ツナ缶の汁は旨みたっぷりなので、汁ごと使ってもよいでしょう。千切りにした胡瓜やにんじんなどいろいろな野菜を一緒に混ぜても美味しく食べられます。マヨネーズ味以外にも、ごま油を使って中華風にしても美味しいですよ。

歯ごたえのある切り干し大根の和え物は、よく噛むことで満腹中枢を刺激し、満足感を得ることができます。また、よく噛むことでゆっくり食べることに繋がり、血糖値の急激な上昇を抑えることができるでしょう。

制限食対応の宅配サービスをうまく利用するのもおすすめ

今回は、糖尿病の食事療法をされている方にもおすすめの簡単にできるレシピを紹介しました。

しかし、日常生活の中で、毎日3食のメニューを決め、下ごしらえをして、料理をするという手順は簡単なことではありません。

そこでおすすめなのが、食事療法に対応する宅配食サービス。

このサイトでもたくさんのサービスを紹介していますが、どの企業も独自の持ち味を活かし、利用する方のニーズに沿ったサービスを提供しています。

ぜひ、ご自身に合った宅配サービスを見つけて、美味しくて効果のある食事療法を実践していきましょう。

【特集】糖尿病食の
試食会レポート

イメージ

「宅配サービスは便利だけど本当に美味しいの?」という疑問を解消するために、実際に商品を取り寄せて試食会を開催!おすすめ4サービスの食べ比べと感想をレポートしています。糖尿病食の宅配サービスを検討している方は是非チェックしてみてくださいね。