運動も取り入れよう

ここでは、糖尿病の人が食事療法と併用して行うことで治療効果を高めてくれる運動療法について解説していきます。

運動がもたらす効果

インスリンは、血液の中にあるブドウ糖を細胞の中に取り込むために重要な物質です。

食事をすると、血糖値が上がることはよくしられています。血糖値とは読んで字のごとく血液の中のブドウ糖の量と考えていいでしょう。

そしてインスリンは、この血液中のブドウ糖を細胞の中に取り込むよう命令します。すると、細胞の中からGLUT4とよばれるたんぱく質が出てきて細胞の中に取り込んでくれるのです。

でも糖尿病の人は、インスリンがうまく働かない状態にあります。そのため、血糖値が上がってもこの機能がうまく作用せずGLUT4が出てくることができないため、細胞の中にブドウ糖をうまく取り込むことができません。

そこで、運動が必要となってきます。運動をすると筋肉が収縮します。

この筋肉の動きに刺激されてGLUT4が細胞の表面に出てきやすくなります。

運動を続けているとさらにGLUT4の数が増えていくので、細胞の中にブドウ糖を取り込んでくれるというわけです。

インスリンがうまく働くことができなくても、それに代わる働きをしてくれるのが運動の効果です。

運動の目安

運動といってもさまざまなものがあります。

特に糖尿病の人におすすめなのが有酸素運動です。

有酸素運動は全身の筋肉を使うので、効率よく全身の細胞にブドウ糖を取り込んでくれる効果があります。

実は、運動によってインスリンの代わりとなるのは、運動で使われた筋肉部分だけなのです。ですから、全身を使う有酸素運動は特におすすめなのです。

また、ブドウ糖をエネルギーに変えるとともに脂肪を燃やすには、たくさんの酸素を必要とします。有酸素運動は、急激な運動と違い酸素を吸いながらゆっくりと体を動かすので理想的な運動といえます。

また、運動の量としては1日に150キロカロリー程度がよいとされています。

運動をする際の注意

運動をするタイミングは、血糖値がピークになる食後1時間くらい。

運動をする頻度は、1日おきか週に3回程度からスタート。

運動が適さない人もいますので、必ず主治医と相談してください。

美味しくて安全な糖尿病食を厳選 通販で安心して購入できる
糖尿病食3選
管理栄養士、医療関係者が
お勧めしたい宅配食No.1
健康宅配
日本マーケティングリサーチ機構の調査で管理栄養士や医療関係者がお勧めしたい宅配食No.1という結果が。また、第48回日本糖尿病学会臨床試験によって「すこやか膳」が治療食としての有意性が顕著であったという結果も発表されており、安心して食べることができます。
健康宅配の
メニューを見る

電話で問い合わせる

日本全国の医療機関で
カタログが配布されている
ミールタイム
ミールタイムの商品カタログは日本全国の医療機関や調剤薬局、16,300か所(2016年7月時点)で入手することができます。医療機関の関係者や栄養士からのコメントが公式サイトに数多く紹介されています。
ミールタイムの
メニューを見る

電話で問い合わせる

神奈川県の大学病院の内科医から指導を受けて商品開発
美健倶楽部
全メニュー1食あたり400kcalの栄養バランスで作られている「BC400」という本格ディナーは、開発にあたり神奈川県の公立大学病院の内科医からの指導を受けたものです。1995年の発売以来、約7万人の利用者がいます。
美健倶楽部の
メニューを見る

電話で問い合わせる