通販で買える美味しい糖尿病食比較 » 糖尿病との向き合い方【知っておきたい基礎知識】

糖尿病との向き合い方【知っておきたい基礎知識】

ここでは、糖尿病を治療していくための基礎となる食事療法を始める前に、是非知っておいてもらいたいポイントをご紹介しています。糖尿病の1型と2型の違いやカロリー計算など基本から、血糖値を安定させるポイントやQ&Aなどもご用意しています。

糖尿病との向き合い方

平成28年に行われた厚生労働省の「国民健康・栄養調査」によれば、「糖尿病が強く疑われる者」の割合は12.1%であり、「糖尿病の可能性を否定できない者」の割合は12.1%という結果になりました。「糖尿病が強く疑われる者」は約1,000 万人で、調査を開始してから最多の数字となりました。

さらに「患者調査」によれば、患者数は316万6,000人。こちらも過去最高の数字です。日本の現在の成人の糖尿病人口は720万人で、世界ランキングでも9位(2015年時点)という結果に。

この数から、糖尿病が「国民病」といわれる理由も納得できるのではないでしょうか。

国民の中ではありふれた病気で、しかも最悪の場合は命を落とす危険な病気であるにもかかわらず、この病気がどのような病気なのかという理解は、まだまだ一般に広く知れ渡っているとはいえない状況です。

「糖尿病は放置したままだと、失明したり、足を切断したり、透析することになる怖い病気」という話は、よく耳にするかと思います。

しかし、正しく言うならば、糖尿病というのは「血糖値が異常に高くなる慢性の疾患」です。

血糖値は、毎日の生活で左右されるものです。そのため、糖尿病治療においては、毎日の食事療法と運動療法が重要となります。

慢性的な病気だからこそ、病気から目を背けず、自己管理をしっかり行う必要があるのです。

糖尿病は「治る」「治らない」という病気ではなく、血糖値をなかなか下げられない代謝の障害です。血糖値を限りなく正常に近い範囲でコントロールしながら、長く付き合っていく。そんな考え方で向き合っていきましょう。

長い治療の中で、様々な不安や悩み事も出てくるかもしれません。食事療法や運動療法がうまくいかず、投げ出したくなることもあるかもしれません。困った時は医者や看護師に何でも相談しましょう。また、糖尿病であっても、旅行に出かけたり、好きなスポーツを楽しむことはできます。失敗したら何度でもチャレンジする、という前向きな姿勢でいきましょう。

糖尿病と真面目に向き合っていくためには、糖尿病に関する正しい知識を身に付けることも大切です。ここから治療はスタートしています。

そこで、ここでは、いろいろな側面から糖尿病について見ていきたいと思います。

みなさんが疑問に思うだろうことをできるだけ取り上げています。多くの糖尿病に苦しむ方が、少しでも光を見出すことができればと願っています。

1型糖尿病と2型糖尿病の違いとは

カロリー計算の方法を知る

通販を上手に利用する

血糖値を上げないためのポイント

おやつの楽しみ方

お酒との付き合い方

食事療法Q&A

教育入院のメリット・デメリット

もしかして糖尿病予備軍?と思ったら

糖尿病の症状をチェック!

運動も取り入れよう

日常生活での注意

美味しくて安全な糖尿病食を厳選 通販で安心して購入できる
糖尿病食3選
管理栄養士、医療関係者が
お勧めしたい宅配食No.1
健康宅配
日本マーケティングリサーチ機構の調査で管理栄養士や医療関係者がお勧めしたい宅配食No.1という結果が。また、第48回日本糖尿病学会臨床試験によって「すこやか膳」が治療食としての有意性が顕著であったという結果も発表されており、安心して食べることができます。
健康宅配の
メニューを見る

電話で問い合わせる

日本全国の医療機関で
カタログが配布されている
ミールタイム
ミールタイムの商品カタログは日本全国の医療機関や調剤薬局、16,300か所(2016年7月時点)で入手することができます。医療機関の関係者や栄養士からのコメントが公式サイトに数多く紹介されています。
ミールタイムの
メニューを見る

電話で問い合わせる

神奈川県の大学病院の内科医から指導を受けて商品開発
美健倶楽部
全メニュー1食あたり400kcalの栄養バランスで作られている「BC400」という本格ディナーは、開発にあたり神奈川県の公立大学病院の内科医からの指導を受けたものです。1995年の発売以来、約7万人の利用者がいます。
美健倶楽部の
メニューを見る

電話で問い合わせる